子育てママに最適なおうち教室のメリット&デメリット

 

この記事を書いている人

この記事を書いている人 - WRITER -


はじめまして!フェリスフラワーの伊藤有美です。小学生2人の子供のママです。子育てをしながら、千葉県松戸市でポーセラーツ・フラワー・クレイクチュールのおうち教室をしています。これからおうち教室をオープンさせたい方へのサポートもしております。どうぞよろしくお願いします。

伊藤有美

こんにちは!
フェリスフラワーの伊藤有美です。
いつもありがとうございます。

最近では自宅でお教室やサロンをする女性が増えてきましたよね。
これからおうち教室をしたいけど、実際どうなんだろう?と思っている方へ
私がお教室をやってきて感じたメリットとデメリットをあげてみたいと思います。

 

【メリット】

①自分の好きな時間、日にちで働ける

自分ですべて自由に決められるので、自由自在です。
学校の行事の日や習い事の日はお休みにしたり、
お子様は小さいうちは短い時間で日数も少なく、
大きくなったら時間も長く日数も増やすなど、
自分の生活スタイルに合わせて変えていくことができます。

 

②開業資金が少なくて済む

自宅の一部をお教室にするので、開業資金が少なくて済みます。
どこかスペースを借りる場合と違い家賃などが発生しないので、
無理なく始められます。

③好きなことを仕事にできるのでとても楽しい♡

趣味の延長が仕事になっているのでとっても楽しい。
新しい技術の習得も苦になりません。

④時間が有効活用できる

自宅が仕事場なので移動時間がありません。
ギリギリまで家事をすることができたり、子供が帰ってきた時に家にいてあげることができます。

⑤家をキレイに保てる

お客様が日々いらっしゃるので、レッスンで使う部屋はもちろんお手洗いや
玄関などをいつもきれいにしておく必要があります。面倒な掃除も仕事に直結するので、テキパキできます。

⑥子供が急に病気になっても仕事を休まなくて大丈夫

お子様の年齢にもよりますが、、、
我が家の場合は小学生なので、子供が急に体調不良で学校を休んでも、子供部屋に寝かせて、私はレッスンをしています。
お子様が未就学児の場合は、生徒さまに許可を取り、レッスンにお子様を同席させてもらうなど対応が可能です。

【デメリット】

①すぐには収入が安定しない

パートや会社員のように時給や固定給がないので、おうち教室を始めてもすぐには収入がある訳ではありません。
資格取得費用・備品購入費・名刺やチラシの作製費
ブログやHPの作製費・スキルアップのための研修費などいろいろな費用もかかります。

→最初は他の仕事と掛持ちするのも一つの方法です。

②家族の理解とサポートがが必要

ご主人や同居の方はご両親の理解と協力が不可欠です。
レッスン中はその部屋に入ってこないようにしてもらったり、
リビングなど家族の共有スペースに家族以外の人が日常的に出入りすることになるのでご家族の理解が必要です。

→事前によく話をして理解して頂き、入っていい場所を決めるなどルールを設けましょう!

③防犯やプライバシーが気になる

ブログやネットで集客をすることは不可欠ですが、自宅の電話番号や住所を載せるのは防犯面で気になりますよね。

→住所はすべて載せずに最寄りの駅から徒歩○○分位にしておいたり、専用の携帯電話を持つなど対策が必要です。

知らない人が自宅に来ることになるので不安も多いですね。私は今までトラブルになったことはありませんが、未然に防ぐ対策も必要でしょう。

→女性限定(男性は紹介のみ)にする。初回のレッスン費用は事前振り込みにしてもらうなどの対策を取るとよいでしょう。

レッスン中に必要なものが出てきて、別の部屋へ取りに行った時に物がなくなったりしないか心配ですね。 私の知り合いの方は、目を離した隙に○ルチェの時計がなくなったという事があったそうです。 万が一物がなくなっても、自分の記憶違いの可能性もありますし、お客様にズバリ聞いたりもできないので困りますよね。

 →高価なものは置いておかない。現金は見えない場所(別の部屋がベスト)に置いておく。

以上、メリットとデメリットをあげてみました。
なんでもそうですが、メリットもあればデメリットもありますよね。
ただ、デメリットも対策をとれば解決可能ですから、私はメリットのほうが大きいかなと感じています。
これからおうち教室を始めてみたいという方の参考になればと思います。

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す